Hiroki & Mako 2021.10.17

Case
Various Conceptual Weddings

Life size

結婚式延期を乗り越え
『ルメルシェなら 結婚式を挙げたい』
そう思い続け 迎えた結婚式当日。

『Life size』
等身大で過ごす結婚式。

お二人の気持ちが届いたような
澄み渡る秋晴れの青空の下での
あたたかなガーデンウェディングとなりました。

Staff’s
feelingsfor this wedding ceremony

人生に一度の結婚式だから、特別ではなく等身大のお2人で。

From Planner柘植 友里奈

「結婚式は挙げなくてもいいかな」と思っていたお二人でしたが、
ルメルシェにお越しくださって『ここでなら結婚式を挙げたい』と思ってくださり
結婚式に向けての準備がスタートしました。

結婚式でお二人がこだわりたいことは「いつも通りの自分たちで式当日も過ごす」こと。

自分たちが目立つセレモニーはしたくない、
肩ひじ張らずに来てもらった人たちと過ごしたいという思いでいらっしゃいました。

考えたテーマは『Life size』
結婚式のようで結婚式ではないゲストと等身大で過ごせる一日をコンセプトにしました。

余談ですが、新婦様と私の好きなアーティストの歌に「Life size」という曲があったということも、テーマにした理由の一つです。

結婚式当日は、秋晴れの中、ガーデンで人前式を行い、
ガーデンでの乾杯後は新郎新婦様とゲストの皆様の歓談をしっかりとり、会話や写真撮影を楽しみながら、ゆったりした時間をお過ごしいただきました。

ガーデンセレモニー後にゲストの皆様も披露宴会場に進まれる中、
新郎様もご自身が主役だということを忘れて(笑)、ご友人の皆様と会場内へ進む姿はまさにテーマをそのままに現していて、とても印象的でした!

特別なことはしなくても、ゲスト皆様と楽しそうに笑って、愛がたくさん詰まった時間を一番近くで見届けることができ、心から幸せな気持ちでした。

お二人は新型コロナウィルスによる延期を経験されましたが、
「ルメルシェだったら結婚式を挙げたい」と思い続け、
たくさんの困難を乗り越え、当日を迎えてくださったことには感謝の気持ちしかありません。

改めてルメルシェで結婚式を挙げてくださってありがとうございます。
ずっとずっと、お二人の幸せを願っています。

Back To Top