Kaima & Fumiko 2022.03.05

Case
Various Conceptual Weddings

Remember

「 Remember 」
思い出す・心に留めておく・忘れないよ・よろしくね
これまでの記憶と これからの記憶を重ね合わせ
振返って 笑い合える 人生を

「 Re : member 」
Re:再び
member:メンバー・仲間
一度は離れた広島に
再び二人と 大切なメンバー(家族・仲間)が集まる大切な日


夫婦となり 共に歩むことを決めたお二人に
これからの人生をかけて 大切にしてほしいこと

『 Remember 』

この言葉は 私たちからお二人へのプレゼントです

Staff’s
feelingsfor this wedding ceremony

コンセプトはプランナーからの贈り物

From Planner小林 優

お二人からいただいた最初の問いかけは
「結婚式にコンセプトは必要なのか?」です。

新郎新婦ともに元ウェディングプランナーということもあり、たくさんの結婚式を作り手として見てきたお二人ならではの問いに、
私が出した答えは「はい」でも「いいえ」でもありませんでした。

コンセプトを掲げて、結婚式を作ることが目的ではないからです。

結婚式のコンセプトが、お二人のこれからの人生に
プラスのエネルギーを与えることができるものであるか。

そのことを考えたときに、結婚式にコンセプトが必要なのではなく、
これからの人生において大切にしてほしいコンセプトを
お二人にプレゼントしたいと思い『Remember』という言葉をお贈りしました。

親御様と、これまでの記憶をつなぎ合わせた感動の挙式。
おじい様おばあ様と幼い頃を思い出しながら、一緒に歩いたかけがえのない時間。
学生時代や元職場で過ごした時間に戻ったように、大爆笑して抱き合った瞬間。

結婚式の3時間の中に、お二人がこれまで歩いてきた人生がぎゅっと凝縮され
その記憶がたくさんの笑顔・涙・拍手を生み出した1日だったように思います。

ルメルシェで過ごした時間が、これからのお二人の人生に優しく寄り添い
嬉しいときは、その嬉しさを何倍にも広げる源となり、
困難なことが起きた時、立ち向かう力になるような、そんな時間であれば嬉しいです。

幸せな時間をともに分かち合うことができ、私もとても幸せです。
これからのお二人の人生にも、たくさんの感動が訪れるようスタッフ一同お祈りしております。

Back To Top