Takahito & Azusa 2019.11.03

Case
Various Conceptual Weddings

Vintage

笑顔は世界の共通語

『Vintage = 年月を経て、程よい味わいが出たもの』

お付き合いから結婚式までの時間で、
イイ感じに熟されて、イイ感じに味が出てきた素敵な二人。

二人の好きなビンテージの世界観に、二人の人柄が合わさり、
自然体で、ゆるく、楽しい結婚式に。

結婚式という1日が、いつか二人のVintageとして味が出る1日になるように。

Staff’s
feelingsfor this wedding ceremony

時を経て「味わい深くなる」結婚式をご提案。

From Planner若林 菜月

『笑顔は世界の共通語』
新郎様が打ち合わせの中で、不意におっしゃられていた言葉です。

新婦様もお話をお聞きする中で「新郎様と一緒だと何処の国でもやっていけそう」と
くすっと笑顔を浮かべながらおっしゃられていました。

「誰からも愛されるようなお二人。」
結婚式を終えて、私はそれを改めて実感することができました。

今回ご提案させて頂いたコンセプトは
『Vintage』

元々ビンテージ物がお好きだった事から、メイン装飾ではアメリカンビンテージを表現しました。

またお二人は3年4カ月と長いお付き合いを経てのご結婚ということもあり、
イイ感じに甘く熟された、とっても良い関係性が感じられていたことから、このテーマにさせていただきました。

披露宴では、お二人の大好きなハンバーガーでかぶりつきセレモニーをしたり、
ゲスト皆様には、お二人のことを良く知っているからこそ、お答えできるようなクイズ等で盛り上がり、お二人らしさ満載のパーティーとなりました!

この結婚式で見たお二人の笑顔は、いつも以上に輝いていて、今でもその笑顔は忘れられません。
この日の笑顔も、今後のお二人の『Vintage』な思い出となりますように…

これからもお二人らしく、沢山の思い出を作っていってくださいね!

Back To Top