Yusuke & Youko 2018.06.02

Case
Various Conceptual Weddings

カンパニオの集う日

たくさんの想いを“はんぶんこ”しよう

カンパニオとは、パンを分け合う人々のことで、
つまりは「大切なものを分け合える人々」のこと。

「美味しいから半分食べてみて」
「面白いから一緒に見よう」
そんなことを繰り返すうちに、好きなものが増えていました。

分け合うことは、分かち合うこと。

何気ない日々のほんの一部のことだけど、
お互いに分かち合うことができたから、
今日のこの日を迎えることができました。

カンパニオの皆様へ。
今日1日、たくさんの想いを“はんぶんこ“していきましょう。

Staff’s
feelingsfor this wedding ceremony

お二人ならではの世界観と
心あたたまる演出で感謝を伝える

From Planner古橋 絵莉子

新郎新婦お二人が日頃から大切にされていたのは、“日常の中にある小さな幸せ”です。お二人がその幸せを感じられるのは、ご家族やご友人、ゲストの皆さまの支えがあってのこと。“大切なものを分け合える”カンパニオの皆さまに感謝の気持ちを伝えるため、素朴だけど洗練されているお二人の世界観でコーディネートしていきました。アプローチにはゲストの皆さまへ向けたウェルカムレターを、待合いでは「日々のこと」と題したギャラリーに今まで撮ってきた幸せの瞬間の写真を展示。コンセプトの「カンパニオ」という言葉にちなみ、デザートはパンケーキに。テーブルごとの大きなパンケーキに自由にトッピングしてもらい、皆さまで分け合っていただきました。デザイナーである新婦様はみずから手作りしたドレスを着用され、お色直しでは髪をショートにヘアカット! おひらきにはご両親へ「子育て感謝状授与式」を行うなど、お二人ならではの心あたたまる演出やアイデアで、涙だけではなく笑顔、驚き…とさまざまな声に包まれる印象的な式となりました。

Back To Top